Shortlink

銀行のカードローンとノンバンク系カードローン

カードローンには銀行のカードローンと銀行系を含むノンバンク系のカードローンがあります。借り入れ限度額の設定の方法や審査時に必要となる物など、それぞれの特徴や適性がありますのでよく検討してから利用しましょう。


大きな金額の借り入れなら銀行系カードローン

ノンバンク系カードローンは、貸金業法の総量規制が適用されるため、借りられる金額は年収の3分の1までと規制されています。それに対し銀行のカードローンはその対象ではないので、大きな金額の借り入れを希望する場合は、銀行のカードローンを利用する方が良いでしょう。ノンバンク系のカードローンは、50万円以上の借り入れに収入証明書の提出が義務付けられているのに対し、銀行のカードローンは100万円以下の限度額の場合、審査の際に収入証明書を提出する必要もありません。


急ぎの借り入れならノンバンク系のカードローン

専業主婦やフリーターのように安定した収入が無くても、ある程度の基準を満たせばカードを発行してもらえるのは、ノンバンク系のカードローンの方でしょう。銀行のカードローンに比べ、年率の金利は高めですが、その分審査は緩やかで、なおかつスピーディーです。少額のちょっとした借り入れならこちらの方がお手軽ですし、ノンバンク系のカードローンには、初回に限り一定の期間無利息融資が利用できるものもあって、短期間で返済が可能ならとてもお得です。

おまとめローンの情報案内集…おまとめローンの専門ページです。こちらでは、借金苦の解決法としておまとめローンを提案しています。

Shortlink

複数のカードローンを利用する

カードローンでお金を借りる時に必要な金額を借りることが出来なかった場合、例えば50万借りたかったのに30万までしか借りられなかったという場合、もう1社のカードローンに申し込んでみようかなと思う方もいらっしゃることでしょう。そのケースにおいての注意点を紹介します。


複数のカードローンを利用する場合の注意点

端的に注意点を紹介しますと、何よりも気を付けていただきたいのは「3社以上から借りない」ということです。ちなみにこの「3社」にはカードローンだけでなく消費者金融のキャッシングや、クレジットカードでのキャッシング、はたまた車などのローンも含まれます。とにかく3つ以上の会社からお金を借りるのだけはやめましょう。


返済に困った時に窮地に陥る

まず純粋に3社以上のところから借りていたら生活を圧迫しない範囲での返済というのがほぼ困難になってきます。それなりの生活を送れる程度の返済金額で済ませられるのは3社までです。そして将来おまとめローンなど(外部参考リンク:人気のおまとめローンランキング)を利用して返済を楽にしようと考えた時にも、3社以上のところで借金していると審査に通らなくなる可能性がグンと上がります。一般的には4社から借りていたら審査に通らないと言われています。カードローン・キャッシング・おまとめローン、全ての審査に通らなくなると考えて構わないほどです。ご注意ください。

Shortlink

消費者金融系のカードローンのメリット

消費者金融系カードローンは、銀行系に比べてやはりサービスの質としては幾分劣っていると言わざるを得ないでしょう。銀行系の方が金利は一般的には低いですし、借り入れることができる金額も多いという特徴もあります。しかし、消費者金融系も銀行系に無いメリットを持っています。


<消費者金融系カードローンは銀行系に比べて審査が甘い>

消費者金融系カードローンは、銀行系に比べて審査がかなり甘いという特徴を持っています。とにかくフリーターやアルバイトなどの方でも借りれるという大きなメリットを消費者金融系は持っているのです。審査の敷居が低く、正規雇用でもないという人にとっては銀行系よりも消費者金融系の方が最適と言えるでしょう。融資サービスは結局は、実際に借りることができなければ意味がありませんからね。


<消費者金融系カードローンは迅速な審査と契約も大きなメリット>

消費者金融系カードローンは、審査から契約の流れが非常に早いという特徴を持っています。そのため、即日融資には圧倒的に消費者金融系がおススメなのです。銀行系ですとどうしても審査に丸1日かかってしまうという所が多くあります。もちろん、銀行系でも即日可能な所はありますが全体的に見ればごく少数派です。しかし、消費者金融系であれば迅速な審査と契約を可能にしていますので、実際の借入まで短時間で済むというメリットを持っているのです。

Shortlink

カードローンの目的別ローンを活用しよう

カードローンサービスを提供する金融機関が増えています。キャッシングというと消費者金融というイメージが強かったかもしれませんが、現在では銀行も、銀行系カードローンなどを打ち出し、お金を無担保で借りることのできる場所が増えてきました。


カードローンのメインはフリーローン

カードローンでは、即日キャッシングなどと呼ばれる審査を行った日に融資を行ってもらえる、コマーシャルなどで宣伝している商品だけがあると思われがちですが、会社によっては別のローンを準備しているところもあります。ここで注目したいのが、目的別ローンです。目的別ローンでは、借りたお金の利用目的をある程度、制限しているものです。利用する目的が明確なことから、少しだけ利息が安く設定されていることが多いのです。


ブライダルからペット、車まで

このローンは会社によって扱う種類も違うのですが、代表的なものだとブライダルローンなどが挙げられます。またマイカーローンといって、自動車購入に関わりのあるお金を借りることのできるローンもあります。ペットを飼育する人が増える中で、医療費や購入費に使えるペットローンも人気があるそうです。目的はおおまかにしか決まっていないので、この条件に当てはまる理由でお金を借りる人は、一度比較してみたらいいでしょう。

Shortlink

カードローンの金利の知識

カードローンの金利の基本的な知識について紹介します。


カードローンの利率に注目する

カードローンという商品は様々な金融会社において見かけることが多く、金融商品としては代表的な商品の一つだと言えます。このカードローンは金融会社によって金利の設定は様々です。もちろん、利率が低ければそれだけ返済時の負担は軽くなるわけであり、利用者にとってしっかりと比較したい項目の一つでもあります。カードローンの金利を比較するとき、基本的には公開されている範囲において最低利率と最高利率をそれぞれの金融会社において比較するのが一般的です。こうして、最低利率と最高利率から、自分にとって最もメリットがあるカードローンを選ぶと良いです。特に注目したいのは最高利率だと言えます。カードローンで最終的にどのくらいの利率が適用されるのかは審査結果を待たなければ分りません。自分の収入状況等によっては最高利率が適用される可能性もあるわけであり、最大の負担を比較するほど、上手くカードローンを選ぶことが出来ます。


しっかりと見比べてみる

比較をするときはインターネットを活用すると、しっかりと見比べることが出来ます。お金を借りるときは返済における負担が最も重要になってくるので、しっかりと比較をすると良いです。

Shortlink

カードローンと信用情報の関係

カードローンの審査の時には必ず信用情報が利用されます。昔は審査の時に人間性を加味する意味で面談が行われる事もありましたが、現在では信用情報と属性が全てであり、それらの情報の優良化につとめる事こそが審査通過への近道であるのです。


信用情報とカードローン審査

まずは信用情報について説明していきます。属性が現在の本人情報とするならば信用情報は過去の全ての金融商品の利用状況と個人情報の変移まで細かく記録されていると考えておきましょう。過去の契約情報、契約時の本人情報(勤務先情報、家族構成、住居情報)、利用情報、また申込情報も管理される情報のひとつです。この情報は一貫して同じ期間保有される訳ではなく、それぞれに保有期間が異なります。


信用情報の保有期間

申込情報は、6カ月間保有される情報です。この期間と関係が深いのが「お申込みブラック」と呼ばれるものです。「お申込みブラック」は短期間に重複したカードローン審査お申込み履歴がついている利用者にペナルティが与えられるものです。実際に、取引中にトラブルがあった訳でなくても申込履歴が込み合う事により「資金困窮者」としてリスクの高い申込者になってしますのです。また、返済遅延などのトラブルは5年間の記録が保有されるので、返済の遅れがないように気をつけるとともに無理のある返済プランを立てていないか見直しましょう。

Shortlink

カードローンの会社の種類を知ろう

カードローンのコマーシャルなどをテレビで見る機会も少なくないと思います。現在、非常に人気のあるサービスで有名な俳優などを起用してコマーシャルをしています。このカードローンでは会社の種類によって、借りられる限度額が違うなど、利用する私たちにも関係する会社としての違いがあります。この違いをしっかりと理解していますか?


銀行系と消費者金融系

大まかに分けると、銀行法という法律で管理されている銀行系カードローンと、貸金業法という法律で管理されている消費者金融系と呼ばれているカードローンに分かれています。キャッシングなどとも呼ばれていますが、サービスとしての内容がこの呼び方で変わるわけではありません。サービスの名前は同じでも、銀行と消費者金融では大きく違う部分があります。まず、一般的に言われているのが利息です。銀行のほうが比較的利息が安い場合が多いようです。ただし審査の面では消費者金融のほうが通りやすいとも言われています。


総量規制の規制対象になる消費者金融

融資の総額が年収の3分の1までとなっている総量規制というお金を貸す、借りるさいにかかる規制は消費者金融の場合に適用されます。これは上に書いた銀行法と貸金業法という、ふたつの法律の違いです。銀行系ではこの規制がありませんので、法律として貸してもらえないということはありません。ただし、審査の基準は各会社で独自に定めているので銀行系を利用しても、あまりに借金が多いと借りることができない場合もあります。計画的にサービスを利用しましょう。

Shortlink

カードローンで気を付けたいこと

お金が必要になり、どうしてもカードローンを利用しなければならなくなった時に、注意しなければならないことを紹介します。場合によっては大きな問題に波及することもあるようなこともあるので、覚えておきましょう。


カードローンの返済は絶対に守ろう

カードローンの返済が期日に間に合わなかった場合、利用者はペナルティを受けることになります。ペナルティの内容としては、遅延損害金の支払いが基本となりますが、あまりに返済を無断で遅らせてしまうと信用が大きくマイナスとなります。遅延損害金は、一般的には利息の2倍ほどの金額が返済まで1日ごとに加算されていくので、万が一返済し忘れてしまった場合は、早急に支払うようにしましょう。


あまりに返済が遅れてしまうと面倒なことになる

返済日に入金が確認されない場合、カードローン会社は利用者に対して連絡を行います。これに応じずに返済をさらに先延ばしにしてしまうと、職場などにまで電話がかかってくることになり、非常に厄介なことになります。その上、このトラブルが信用情報機関に登録されて、しばらくの間新たな借入や契約が他社を含めできない状態になる悪阻があるので注意しましょう。どうしても返済が難しい場合は、その旨を正直にカードローン会社に相談して打開策を見つけるようにしましょう。

Shortlink

無利息カードローンで利息を0円に

カードローン会社は他の商品と差別化を図る為に、金利や限度額以外にも様々なサービスを付加しています。例えば女性の方でも利用しやすいように女性だけで構成された窓口サービスや、インターネットを利用する事で一切の郵送物が発生しないネット完済申し込みなどがあげられます。そしてサービスの中には無利息キャッシングと呼ばれるサービスを持つ会社が存在します。


無利息期間のあるカードローンとは

カードローン会社が提供する無利息期間サービスとは、読んで字の如く一定期間の間借入に利息が発生しないサービスの事を指します。最も多くの金融機関で実施されているのが、最初30日間の利用は無利息とするサービスで消費者金融のみならず、一部の信販会社や銀行でも実施されています。また他には小口の借入に対して180日間の利息を無料にするサービスや、何時いかなる時の利用であれ借りてから7日間は利息の発生しない商品があります。


無利息期間を上手に使う

この無利息期間を利用すれば期限内に完済する事で利息を0円に抑える事ができます。この制度は上手く使う事が出来れば借入に対する利息を大幅に軽減する事が可能です。例えば一時的に無利息期間のある商品に今あるローンを借り換えて、無利息期間が終わったら他の会社で借り換える事で、凡そひと月分の利息を免れる事ができます。ただ繰り越し手数料のほうが高くつく場合は損をしてしまうので気を付けなくてはいけません。

Shortlink

カードローンは何故無担保で借りられるのか

カードローンと銘打たれた商品は原則、不動産などの物的担保や保証人などの人的担保の両方が契約には不要な商品となっています。自身の信用度を高める為にあえて担保を立てる事ができる商品も中にはありますが、一方で借入額が50万円以下なら収入証明も不要、といった商品まであるくらいです。では何故カードローンは担保が無くても融資を受ける事ができるのでしょうか。


カードローンは信用会社を利用している

カードローンが無担保での融資が可能なのはカードローンを取り扱っている金融機関各社が信用会社と提携しているからです。もちろん担保も信用会社との提携も無い状態では、もし利用者の方が滞納や不払いを起こしてしまった場合会社が存続の危機に面する事になります。信用会社はもしあなたが何らかの都合で滞納や不払い、返済能力の欠落が発生した場合あなたの代わりに金融機関に代金を払う契約になっています。


信用会社は何故立て替えを行うのか

信用会社はカードローン会社と提携する事で定期的に契約料が支払われています。信用会社も無償で不払いを起こしてしまった人の代わりにお金を払っているわけではありません。しかしだからといってあなたが滞納や不払いを起こしても何のデメリットも無いかというとそうではありません。この様な場合には金融機関ではなく信用会社からあなたに請求が行われますのでくれぐれのご利用は計画的に行いましょう。

Shortlink

カードローンの審査に詳しくなろう

カードローンで融資を受けようと思ったら、申し込み時の審査に通らないといけません。審査が初めてだという人は、どんなことを聞かれるのかを知ってスムーズな融資を目指しましょう。


カードローンの融資の基本

担保や保証人を設けないカードローンにおいて、申込者に融資を行うかどうかの判断を行う基準となるのは「信用」です。信用とは、つまり、その人がお金を返してくれる見込みがあるということです。そのため、審査では主に安定した収入の有無やこれまでの金融関係のトラブルなどが考慮されます。安定した収入と聞くと、毎月固定の給与を得られる正社員を想像するかもしれませんが、最近ではパートやアルバイトのような形態の人でも融資を受けられることも多いので、極端に少なくない限りは融資の対象となっています。それよりはむしろ、どれだけその職場で働いているのかという勤続年数の方が重視されるのではないかと思われます。


審査に落ちたらブラックリストに登録されている可能性があります

収入面で全く問題がないのに審査に通らなかったという人は、ブラックリストに載っている可能性があります。ブラックリストとは、これまでに他社のカードローンやクレジットカードなどで滞納をしたりしている場合に登録される情報です。金融機関では、信用情報機関にこれを問い合わせ、この情報を非常に重視しています。